対がん協会維持会員

当センターは、がん検診を事業の柱としており、その他、がんに関する正しい知識の普及啓発及び学術研究助成等にも積極的に取り組んでいます。
これらのがん征圧活動をご寄付により支えてくださる方々を、対がん協会維持会員として、毎年募集しております。

※会員募集を行っております!

◆会員の種類

(個人会員) 1,000円以上   (法人会員)10,000円以上

◆会員の特典

・機関誌「健康アップかごしま」(年3回発行予定)の配布

◆会員納入方法

【郵便局】 または 【鹿児島銀行】 等から振込
郵便局・鹿児島銀行で使用できる振込用紙(手数料無料)をお送りいたします。
ご連絡ください。

対がん協会維持会員についてのリーフレット等をご希望の方は、ご連絡ください。
TEL:099-220-2752(企画広報渉外課 直通)
ご入会を心よりお待ちしております

がん征圧運動(一部)のご紹介

〇「平成28年度 がん征圧県民大会」の開催

 「がんのこと」及び「がん検診の重要性」の理解が「がん検診の受診率向上」につながることを願い、「がん征圧県民大会」を開催しました。(平成28年10月28日:鹿児島県医師会館)
 順天堂大学医学部の奥村康先生による「免疫と長生き」と題した講演のほか、がん患者の体験談、ステージパフォーマンスとしてクラシックバレエなども披露されました。

会場風景
会場風景


〇「つながる想いinかごしま」を後援

 がん患者団体「がんサポートかごしま」が主催するがん患者さんとご家族のためのイベント「つながる想いinかごしま~がんとともに生きる~」を後援しました。また、当日はセンター職員もがん啓発の展示やウォークに参加しました。
ウォーク
ウォークに参加しているセンター職員


〇ピンクリボンへの取り組み

 ピンクリボンは、乳がん征圧のシンボルです。
毎年10月はピンクリボン月間として、乳がんについての正しい知識の普及啓発を図る目的でさまざまな活動が行われます。
 当センターも県主催のピンクリボンツリー設置・街頭広報活動や、ピンクリボンin Kagoshimaに参加しています。所内ロビーには、毎年10月の間ピンクリボンツリーが登場します。
ピンクリボン検診車 ロビーツリー
ピンクリボンin Kagoshimaにおける検診車設置風景   所内ロビーのピンクリボンツリー