メタボリックシンドロームとは?

「メタボリックシンドローム」とは、内臓脂肪による肥満の人が、「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」といった生活習慣病になる危険因子を併せもっている状態のことです。
これらの危険因子は、それぞれ1つだけで動脈硬化を招きますが、複数重なることによって互いに影響しあい、動脈硬化を飛躍的に進行させることがわかってきました。
metabolic

メタボリックシンドロームの診断基準

内臓肥満はへその上の周囲径を測ることで判定します。
メタボリックシンドロームの判断基準は、以下の4つの危険因子からなります。

※下記の必須条件①に加えて、次の②~④の2項目以上に該当すると、メタボリックシンドロームと診断されます。
※健診の検査結果をみて、あなたもチェックしてみましょう。

必須条件

    • ①  肥満
      へその上の周囲径が 男性 85㎝以上、女性 90㎝以上の人
      (内臓脂肪面積が男女とも100c㎡以上に相当

 

  • ②  血圧
    収縮期血圧が130㎜Hg以上
    または/かつ拡張期血圧が85㎜Hg以上
  • ③  血糖値
    空腹時の血糖値が110㎎/dl以上
  • ④  血中脂質
    中性脂肪 150㎎/dl以上
    または/かつHDLコレステロール 40㎎/dl未満

運動+食生活+禁煙+健診で予防

生活習慣病を予防する具体的な実践として、” 1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ ” があります。
服薬によるコントロールは最終段階として、まず、運動と食生活の改善でメタボリックシンドロームの根本原因である内臓脂肪を減らす事が大切です。
また、禁煙は動脈硬化、循環器病の予防などにつながります。そして毎年の健診を必ず受け、異常の”芽”をつみましょう。

生活習慣を改めよう

内臓脂肪の蓄積を核としたメタボリックシンドロームを改善するためには、まず内臓脂肪を減らすことです。
具体的にはウエスト周囲径を減らせばよいのですが、基本は「過栄養」と「運動不足」といった生活習慣全般の見直しからはじめましょう。